Photo Diary

HOME | Photo Diary | 2021年3月

2021.03.19

卒園式

 お母様と離れるのが寂しくて涙を流したこともありました。
 お家とは違う集団生活のルールに戸惑ったこともありました。
 早いもので子どもたちがのぞみ幼稚園の門をくぐってから、3年の月日が過ぎようとしています。 

共に生きていく

 のぞみの子どもたちは、たくさんの先生やお友だちとの関わりの中で過ごし、また様々な行事や日常の園生活を通して笑ったり泣いたりと多くのことを体験してきました。

 人は一人では生きていけません。自分の気持ちを大切にするのと同時に、お友だちの気持ちも尊重することを学びました。

自分で考え実現する

 わたしたちは、子どもたちが「失敗しないように」困難を取り除いてやるのではなく、「自分で考え」「自分の力で困難を乗り越えられる」ように、またその先にある「達成感」や「充実感」という「幸せ」を感じられるように環境を整え、応援してきました。

大きくなるということは、あなたのことを知っている人が増えていく、ということ。

 のぞみ幼稚園でそう過ごしてきたように、優しさと勇気をもって、仲間を信じ、自分を信じてこのまままっすぐに進んでください。

 急ぐことはありません。一歩一歩力強く歩んでいってください。

 そして、自分の世界を拡げていってください。

自信をもって小学校へ送り出せるのぞみの子

 あなたたちは無限の可能性を持っているのです。先生たちは、ずっとここからみんなのことを応援しています。

ご卒園おめでとうございます。


令和2年度、無事にゴォー――ル‼

2021.03.18

第三学期終業日

 子どもたちの令和2年度が終わります。
 4月からは年少さんは年中さんに、年中さんは年長さんに、そして年長さんは小学一年生になります。園長先生のお話に、期待に胸膨らませる子どもたちです。

 その後、「大きくなるって素敵なことさ」を心を込めて歌いました。みんなで一緒に歌をうたうのも、これで最後です。

 例年、卒園児と在園児みんなで手作りプレゼントの交換をしていますが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各クラス1~2名のお友だちが代表して交換しました。
 4月からはひとつ学年が大きくなります。楽しみですね。

 放課後、保護者のみなさんや子どもたちからのメッセージカードを涙ながらに読む先生たち…
 こうして先生たちも成長させていただいているのだなあ、とこの光景を眺めて有難く思います。

 一年間、どうもありがとうございました。

2021.03.15

修了証書授与

 新型コロナウイルスの感染拡大予防で、今年の卒園式も縮小形式で行うことといたしました。例年園長先生から卒園生一人ひとりに修了証書を授与していますが、当日は代表者のみに。

 卒園式を前に、今日は園長先生から一人ひとりに修了証書を授与していただきました。

 
 
 
 

2021.03.12

ありがとう!ありがとう!ありがとう!

 新型コロナウイルス感染拡大防止につとめながら、ありがとうの会実行委員さんが貴重な時間を重ね、わたしたち教職員のために整えてくださった「ありがとうの会」。

 安全に配慮した練りに練った企画や、何より実行委員さんの熱いハートがしっかりばっちりわたしたちに届いて、本当に本当に嬉しかったです…

 2020年。この特別な年は、きつい、辛いことの多い忘れられない年になりました。
 でも、保護者のみなさんも、私たちも、光があるって信じる気持ちがあるから、のぞみにはこんなにたくさんの虹があっちこっちで架かっているのだと思います。

 保護者の方々への感謝の気持ちが、改めて溢れかえってしまった「ありがとうの会」でした。

2021.03.08

ジブリ美術館見学(年長組)

素 敵なご褒美
Go Go!ジブリ美術館 
行 ってきま~す!と出かけてった
天 気が少々悪くったって
ション ぼりしてる子なんていなかった
だ いすきなお友だちや先生と
つ らなって見学
た のしい思い出ができました
年長さん 良かったね☆