秘密のインコ部屋

Secret budgerigar room

はじめに

 始祖のインコ

 半世紀以上、脈々とその命を紡いできた幼稚園のセキセイインコたち。前副園長がずっとお世話をしてきましたが、その最後の一羽が平成28年早春、天国に翔びたちました。

 がらんとした鳥小屋を前にして、立ち上がったゆみ先生。平成28年10月1日、【始祖】となる5羽を幼稚園に迎えました。

 その名は、ボス、しんちゃん、おっちゃん、れもんちゃん、福山雅治…。

 のぞみ幼稚園の鳥小屋の中で繰り広げられる、インコたちの群像劇が再び始まる。



to be continue…

インコ相関図(R1.6.13現在)

インコたちの近況

R1.06.15

 火の鳥がエサを食べにくそうにしている。よく見たら足もなんだかおかしい。
 ゆみ先生となつき先生が口ばしカットを試みるも、断念。(下手すると出血して死なせてしまう可能性があるため)
 ダメ元で火の鳥を医者へ連れていく。糞便検査等の結果、内臓疾患でも疥癬でもないことが判明。ただの口ばしの奇形ということで処置をしていただく。エサが食べられるようになり、無事鳥小屋へ戻る。

R1.06.14

 日に日に口ばしが伸びている火の鳥について医者に相談。「たぶん内臓疾患。野生なので処置できない。」と告げられる。

R1.06.14

 ナオミ・キャンベルが落ち着いた様子なので鳥小屋に戻す。ナオミ・キャンベルの息子であるこの子誰の子(スターの子)が心配して寄り添っている。

R1.06.13

 にしきのあきら改めにしきのあきことその母ボスレモンによる【ナオミ・キャンベルの巣箱襲撃事件】発生。
 ナオミ・キャンベル負傷の為一晩職員室で様子を見る。