INK48
秘密のインコ部屋

Secret budgerigar room

はじめに

 始祖のインコ

 半世紀以上、脈々とその命を紡いできた幼稚園のセキセイインコたち。前副園長がずっとお世話をしてきましたが、その最後の一羽が平成28年早春、天国に翔びたちました。

 がらんとした鳥小屋を前にして、立ち上がったゆみ先生。平成28年10月1日、【始祖】となる5羽を幼稚園に迎えました。

 その名は、ボス、しんちゃん、おっちゃん、れもんちゃん、福山雅治…。

 のぞみ幼稚園の鳥小屋の中で繰り広げられる、インコたちの群像劇が再び始まる。



to be continue…

インコ相関図(R1.8.16現在)

インコたちの近況

R1.08.16

 「台風」死去。孵化で力を使い果たしてしまったか。

 鳥小屋カップル第一号のボスしんちゃんが一緒にいる。焼けぼっくいに火がついたか。しかし、子孫淳しんちゃんを後追いしている。どうか邪魔しないでほしい。

R1.08.15

 小松みどりボスorスターの間に第二子「台風」が誕生。ゆみ先生が出産に立ち会う。(孵化の瞬間を目撃)殻を破って出てくるまでにずいぶん時間がかかっていた。

 下の画像(左から ボス小松みどりスター)の通り、 小松みどりを挟んでいつも三人でいるため、父親がどちらなのか相変わらず不明である。

ドリカムか!



 にしきのあきら改めにしきのあきこが抱卵している卵の中からピーピーと微かに声が聞こえる気がする、とゆみ先生談。

R1.08.13
 巣箱を撤去しているにも関わらず、小松みどりボスorスターの間に「いつのまにか」が誕生。断熱材として貼ってあるプチプチに穴を開け、その中で生んだ模様…。

いつの間にか生れていた元気いっぱいな「いつのまにか」。



 にしきのあきら改めにしきのあきこも同様に8個抱卵している。その穴に忙しそうにヤングマンが出入りしていることから、姉弟で子どもを作ってしまったと推測される…。

R1.07.05

 お泊り会の夜1:30頃、鳥小屋からドンッと大きな音。この辺りのゴロツキにゃんころべえの仕業か。その衝撃で飛べない伊藤みどりが上から落ち、雨水に濡れる。ゆみ先生が気づき救出。

R1.06.25

 伊藤みどりおっちゃんは両想い。そこへ、しんちゃんが横恋慕。そんなしんちゃん子孫淳が追いかけている。四角関係なのか?!→R01.08.13現在、四角関係なし。

R1.06.21

 火の鳥スター恋の予感…。→R01.08.13現在、進展なし。

R1.06.15

 火の鳥がエサを食べにくそうにしている。よく見たら足もなんだかおかしい。
 ゆみ先生となつき先生が口ばしカットを試みるも、断念。(下手すると出血して死なせてしまう可能性があるため)
 ダメ元で火の鳥を医者へ連れていく。糞便検査等の結果、内臓疾患でも疥癬でもないことが判明。ただの口ばしの奇形ということで処置をしていただく。エサが食べられるようになり、無事鳥小屋へ戻る。

R1.06.14

 日に日に口ばしが伸びている火の鳥について医者に相談。「たぶん内臓疾患。野生なので処置できない。」と告げられる。

R1.06.14

 ナオミ・キャンベルが落ち着いた様子なので鳥小屋に戻す。ナオミ・キャンベルの息子であるこの子誰の子(スターの子)が心配して寄り添っている。→この子誰の子(スターの子)ナオミ・キャンベルに近づくスターのことを遠ざけている様子。息子として、母を守り切れなかった父に反発しているのか?!

R1.06.13

 にしきのあきら改めにしきのあきことその母ボスレモンによる【ナオミ・キャンベルの巣箱襲撃事件】発生。
 ナオミ・キャンベル負傷の為一晩職員室で様子を見る。

鳥小屋の巣箱を全て撤去。秋まで全てのインコが抱卵しないようにする。